FC2ブログ
パピル二世
磯~子止まりにだ~まされた~♪磯子の先に住んでいる、超~能無し主婦パピル2世~♪結婚五年目の主婦パピルが三つのしもべとお送りするリアリティショー!?
2013/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2013/06


2013/05/17(金) 22:16 未分類
シウマイ伝説
こんばんわ
パピ子です。
 
 
今日はね、
久々にギックリ腰になったよ
 
で、コレが…
 
痛~い、痛~い、超☆痛~~~~いっ
 
 
ちゅーことで、
今日の夕飯は、ろでむに弁当買ってきてもらいました
 
 
それでは、みゅーじっく・すたーと
 
 
 
旅にでるたび思い出す~♪
窓辺で開いたシウマイのぉ♪
一つ一つの物語ぃ♪
あのシウマイは、崎陽軒~♪
 
 
じゃじゃーんっ!シウマイ弁当~
 
あり?包み地味になってね??
 
気のせいかな
 
 
 
ところで、このシウマイ弁当。
横浜生まれ横浜育ちのパピは物心ついた頃から食べているソウルフード。
 
幼少期は、単品シウマイについて来る、ひょうたん型の醤油差し<ひょうちゃん>をアミュレット代わりに握りしめ寝るお子様だったという伝説も持つパピです。
 
 
更に、新たな伝説としては…
 
 
 
ろでむと付き合い始めた頃、、
自称、<崎陽軒の伝導師・パピ子>は、松戸出身の彼(ろでむ)にシウマイ弁当を教えた。
 
案の定、ろでむも気に入りめでたし、めでたし
 
それからしばらくして、
パピが仕事でお台場に行く事になり、夜はデートがてら、ろでむが車で迎えに来てくれる事になっていた。
 
友達『パピちゃん、いーなーこのあとお台場デートだね!』
 
『ろでむさん、何処連れてってくれるんだろね
 
なんて友人達とのコイバナで期待大!等身大!?になった頃…
 
ろでむが真っ赤なイタ車で迎えに来た。
 
ろでむ『パピちゃん、お疲れ
 
『この後、どーする?どっか行きたいとこは?』
 
※フフ~ン♪ろでむったら、既にリサーチ&ロケハン済みのクセに
 
パピ『ありがとう、どこでも、ろでむにお任せするわ
 
※さあ、ろでむ。
飯でも夜景でも、存分に案内するがいいわ~
 
ろでむ『そっか。。』
 
『う~ん…』
 
 
 
『あいーことオモイツイタ!』
 
パピ『何?何処?』
 
 
ろでむ『シウマイ弁当買って帰って、ウチで食べない
 
パピ『……い、いいね。。』
 
 
『…って、、食べるかーっ!!』
 
 
ろでむ『え嫌?パピちゃん、シウマイ弁当美味しい、美味しいって教えてくれたから食べたいかと…』
 
パピ『シウマイ弁当は確かに美味しい。しかもそれを教えたのは私だ!』
 
『だが何故、今日、このお台場の夜に、車で直帰して横浜市民のパピがウチでシウマイ弁当をつつかねばならんのか?』
 
嗚呼、もう、、
別れたーーーい
 
ろでむ『ごめぇん
 
て事も…
 
ちなみにこの話は、披露宴の余興で友人一同が<馴れ初め芝居>として巨大なシウマイ弁当の模型を振りかざしながら演じてくれDVDとして保管されてます
 
あれから六年。
今や、何の問題もなく我が家で二人、弁当をつついてます
 
 
パピ『ご飯とオカズのバランスがサイコーだねっ
 
『おっ!通常一個の唐揚げが二個入ってるツイてるぜ!』
 
なんてね。
 
 
ところで、包装紙。
以前の写メで気づいたんだけど。。
 
みなとまつりの時期の包装紙。
 
何にもない時期の包装紙は上のように地味なのね
 
 
 
 
あ~の時の二人~♪い~まの二人~ぽちっとな
スポンサーサイト




コメント::6 トラックバック::0

NextPage